ダニ駆除(ダニ防除)のご相談は|一般社団法人福岡県ペストコントロール協会

協会ロゴ.jpg

一般社団法人 福岡県ペストコントロール協会

Fukuoka Pest Control Association.

| HOME | 有害生物情報 | ダニ駆除・防除 |

ダニ駆除・防除

代表的なダニの種類

【 イエダニ 】

体長0.5mm
吸血するダニ。ドブネズミに寄生
ネズミの侵入と共に人を刺す
被害が始まります。

【 ツメダニ 】

体長0.8mm
吸血するダニ。他種のダニも捕食する
他種のダニが増えると発生。
人も刺します。

【 コナダニ 】

体長0.4mm
吸血しないダニ。アレルゲンとなる
家屋内で最も多く見られるダニ。
人のフケやアカを食べます。

ダニの害

吸血による被害(吸血された後、しばらく経ってからしつこい痒みや腫れが生じます)
アレルギーの誘発(体質により、こまかな虫体を吸い込む事で痒みや腫れが生じます)

ダニ予防対策

湿度を下げる湿度60%以上でダニは活発に繁殖します。晴天時には窓を開け風通しを良くし、雨天時にはすぐに窓を閉めエアコンを活用しましょう。洗濯物は室内に干さず、寝具類は定期的に日光消毒を行うと共に家具類の配置も工夫し、物陰まで風がとどくようにしましょう。

ダニ駆除対策

1)エサ、死骸の清掃除去単純ですが一番重要な対策です。水拭きは高湿度を好むダニにとって逆効果ですから、掃除機を使って和室、洋室を問わず床面、寝具、カーテンなどを入念に清掃します。
2)高温処理する下着や常用の衣類は洗濯前に70度以上の温水に浸し、寝具類は予防対策同様に十分な日光消毒を行います。畳の場合には専門業者に依頼して高温処理します。
3)殺虫剤を使用する市販の自動噴霧型エアゾールや煙霧剤などを用法、用量に従い室内空間全域に向けて処理します。この時、薬剤がこまかな部分まで行きわたるようにタンスや押入れを開放します。

??? ほんとうにダニの被害なの ???

ダニはあらゆる場所に多数生息している生物で、菌類同様、どんなに入念な予防や駆除を行っても全くダニのいない部屋にはなりません。目に見えないダニへの恐怖からノイローゼ症状に陥る方が時折おられますが、吸血するダニが多数いる場合は別として「少しくらいはダニがいてもかまわない」という大らかな気持ちを持つ事も大切です。
又、皮膚の腫れや痒みはダニの吸血以外にもダニアレルギーや内臓疾患、皮膚過敏症によっても起こります。
この時不用意に室内に殺虫剤を使用すると症状が悪化してしまう危険もあります。ほんとうにダニによる吸血被害かどうか、皮膚科の専門医に相談されてから対策を行うようお勧めします。

ダニでお困りの方はお気軽にご相談下さい。